MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

看護・医療分野|この分野の
他の職種を見る看護・医療分野 〈医師〉〈看護師〉〈薬剤師〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

薬剤師

職業を探すTOPに戻る

医師の処方箋に従って患者に薬を調合

どんな仕事?

薬剤師は街や病院の薬局で薬の調合・販売をするのが主な仕事。1960年に制定された薬剤師法第1条(薬剤師の任務)にも、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と明記されており、薬局を開設できるのは薬剤師だけである。街では近年、「調剤薬局」の看板が目立つが、医師や歯科医師は処方箋を作成し、薬剤師はそれに基づいて薬を調合する、というように仕事を分ける「医薬分業」が進んでいる。患者に薬を手渡す際に、薬の飲み方を伝える「服薬指導」は、薬剤師の大切な仕事のひとつである。
病院の薬剤師は、医療チームの一員としての役割も担う。症例検討会はじめ、医薬品のプロとしての意見も求められる。がん治療などの薬物療法では、患者が副作用を理解できるように説明。入院患者の病室に出向いて処方された薬の説明なども行う。

この職種になるには

大学の6年制薬学部を卒業して、薬剤師国家試験に合格しなければならない。
6年間の一般的なカリキュラムは、1・2年次に基礎科目・教養科目を学び、「薬学入門」といった専門科目も徐々に学んでいく。3年次から実習が始まり、4年次は知識・技能を試す全国共通の「共用試験」がある。これが“第1のハードル”である。それをクリアしたら5・6年次は「実務実習」をこなし、卒業研究を仕上げる。こうしてようやく“第2のハードル”国家試験を受験できる。
6年制の薬学部がある大学は、国公立17校、私立57校。まずは6年制薬学部へ進学することが不可欠だが、入試競争率は平均4倍前後と高く、合格は容易ではない。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.