MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

健康・スポーツ分野|この分野の
他の職種を見る健康・スポーツ分野 〈公認スポーツ指導者〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

公認スポーツ指導者

職業を探すTOPに戻る

約39万人が資格を取得し熱烈指導中

どんな仕事?

生涯にわたり、快適なスポーツライフをサポートする。日本体育協会が定めた公認スポーツ指導者は、38.9万人(2012年)が資格を取得している。主なものは次の通りである。

●スポーツ指導基礎資格(スポーツリーダー)

スポーツ指導者になろうという人の基礎資格。

●競技別指導者資格

水泳、テニス、バレーボール、陸上競技、サッカー、スキーなど50以上の競技別に、指導員・コーチ・教師などの資格がある。

●フィットネス資格

ジュニアスポーツ指導員、スポーツプログラマーなどの資格がある。


●メディカルコンディショニング資格

スポーツドクター、アスレティックトレーナーなどがある。

この職種になるには

講習会に参加し、共通科目と専門科目を受講する。講習終了後、検定試験を受ける。合格し登録すれば、資格認定される。適応コース承認校(体育・医療系以外の学部や学科も承認)では、講習会と同じカリキュラムが履修でき、講習・試験の一部またはすべて免除される。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.