MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

建築・電気電子・機械・整備分野|この分野の
他の職種を見る建築・電気電子・機械・整備分野 〈工事担当者〉〈建築士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

航空操縦士(パイロット)

職業を探すTOPに戻る

大空を飛び回る憧れの仕事

どんな仕事?

航空機(飛行機、ヘリコプター、飛行船など)の操縦を行う。資格は、報酬を受けないで操縦を行う「自家用操縦士」、報酬を受けて操縦を行う「事業用操縦士」、航空会社の旅客機を操縦する「定期運送用操縦士」の3つ。勤務先は航空会社や航空関連会社など。飛行機のパイロットは採用倍率が高く、採用後も厳しい訓練がある。

この職種になるには

法令で定められた年齢要件と航空経歴が必要で、国が行う学科試験と実地試験に合格すると資格が得られる。航空会社のパイロットになるには、大学卒業後、自社養成パイロットとして入社するか、航空大学校、大学の養成課程卒業後、航空会社に入社する。

大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.