MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

建築・電気電子・機械・整備分野|この分野の
他の職種を見る建築・電気電子・機械・整備分野 〈工事担当者〉〈建築士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

電気工事士

職業を探すTOPに戻る

建物の電気配線工事などをする資格

どんな仕事?

建物の配線工事やネオン工事などは、資格を持つ人しか行うことができない。電気工事士の資格は、第一種が中小規模の工場やビルなど500キロワット未満の自家用電気工作物、第二種が一般家庭や小規模商店、600ボルト以下の電気設備などを扱える。この資格取得者は、認定電気工事従事者などの国家資格も取得できる。

この職種になるには

第二種には試験に合格するか、指定の専門学校、職業能力開発校などを修了して取得する。第一種は試験に合格し、かつ、大学や高専の電気工学科卒業者で3年、その他は5年以上の実務経験を積んで取得する。試験は一種・二種とも年1回。筆記と技能が課せられる。

大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.