MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

建築・電気電子・機械・整備分野|この分野の
他の職種を見る建築・電気電子・機械・整備分野 〈工事担当者〉〈建築士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

建築士(1級・2級・木造)

職業を探すTOPに戻る

建築物の設計から完成までを見届ける

どんな仕事?

建築士は文字通り、建築物の設計から施工管理までを担う仕事である。清潔で機能的なオフィスビル、斬新なデザインのファッションビルや美術館、くつろぎの館であるマンションや一戸建てなど、建築士が描くイメージひとつで、「働く・楽しむ・住む」環境はすばらしく変身する。
建築士の資格は1級、2級、木造に分かれる。1級は⑴学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などで、延べ面積が500㎡を超えるもの、⑵木造で高さ13m・軒9mを超えるもの、⑶コンクリート造、鉄骨造、石造、れんが造、ブロック造で、延べ面積が300㎡、高さ13m・軒9mを超えるもの、⑷延べ面積が1,000㎡を超え2階以上のものなど。
2級は⑴コンクリート造、鉄骨造、石造、れんが造、ブロック造で、延べ面積が300㎡、高さ13m・軒9m以内のもの、⑵延べ面積が1,000㎡・2階以内のものなど。
木造は延べ面積が300㎡・高さ13m・軒9m以内のもの。

この職種になるには

2級と木造は大学・短大・高専・専門学校の建築・土木に関する課程を卒業後に、1級は修学年により2~4年の実務経験後に受験できる。また、2級建築士として4年以上の実務経験を積むことでも1級を受験できる。1級合格者の職域は、建設業32.4%、設計事務所36.9%、プレハブ住宅会社6.6%、官公庁8.6%など。職務別では、建築設計43.5%、現場管理17.7%、工事監理8.0%、構造設計6.8%など。
2 級・木造の職域は建設会社・工務店・大工40.3%、建築士事務所13.6%、プレハブ住宅会社8.9%など。職務別では、建築設計22.8%、現場管理22.2%、大工等技能労務7.8%など(2012年度)。建設業や設計事務所で建築設計や現場監理にあたるケースが多い。さらに、1級建築士として5年以上の実務経験を積むことで、上級資格である構造設計建築士や設備設計建築士の1級を取得(講習受講)できる。生涯キャリアアップできる資格といえる。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.