MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

建築・電気電子・機械・整備分野|この分野の
他の職種を見る建築・電気電子・機械・整備分野 〈工事担当者〉〈建築士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

工事担当者

職業を探すTOPに戻る

通信回線に端末を接続する

どんな仕事?

光ファイバーにパソコンを接続する、LAN の配線工事を行うなど、電気通信回線設備の端末設備を接続する専門家。資格の種類は、AI第1 ~ 3 種、DD第1~3種、AI・DD総合種の7種類。AI種は、アナログ伝送路設備(電気通信回線設備)に端末設備を接続するための工事で、回線数や内線数によりAI第1~3種がある。また、DD種は、デジタル伝送路設備に端末設備などを接続するための工事で、デジタル信号の入出力速度によりDD第1~3種がある。そして、AI・DD総合種は、アナログ・デジタル伝送路設備に端末設備などを接続する工事が可能だ。

工事が可能な端末設備は、AI種は、電話機、ホームテレホン、モデム、ISDN端末、検針メーターなど。DD種は、IP電話機、パソコン、ブロードバンドルータなど。

この職種になるには

工事担任者国家試験に合格する。受験資格は特に制限はないが、大学・短大・専門学校の電気・電子系学科で知識を身につけるのがおすすめ。試験(筆記)は5月、11月の年2回。試験科目は、電気通信技術の基礎、端末設備の接続のための技術及び理論、端末設備の接続に関する法規。関連資格の有資格者、工事担任者試験の科目合格者、関連実務の経験者、総務省の認定学校修了者は、一部試験科目の免除がある。また、養成課程の修了試験合格者は国家試験が免除される。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.