MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

ファッション分野|この分野の
他の職種を見るファッション分野 〈グラフィックデザイナー〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

テキスタイルデザイナー

職業を探すTOPに戻る

服やインテリアの生地をデザイン

どんな仕事?

テキスタイルとは生地のこと。生地の素材、色や柄を決め、染め方、織り方のパターンをデザインする人がテキスタイルデザイナー。洋服はもちろん、カーテンやカーペットなどのインテリアも扱う。一般的にはプリント柄をデザインするものと、織り方を工夫して織物の柄をデザインするものとがあり、それぞれ専門家がいる。

この職種になるには

服飾・デザイン系の専門学校や大学で学び、生地・繊維メーカー、問屋、アパレルメーカー、インテリア関連会社、デザイン事務所などに勤務するのが一般的。資格などは不要で、センスと経験で仕事を広げる。評判を得ることができれば、独立することもできる。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.