MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

ファッション分野|この分野の
他の職種を見るファッション分野 〈グラフィックデザイナー〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

ファッションデザイナー

職業を探すTOPに戻る

アパレルメーカーで新商品をデザイン

どんな仕事?

ファッションデザイナーは、洋服をデザインする人だが、スタイルはさまざまだ。
アパレル企業に勤めるデザイナーは、販売担当のマーチャンダイザーが立てた企画にしたがって、生地を決め、デザイン画を描く。それを、パタンナーが型紙に起こし、縫製者がサンプルを作る。それを細かくチェックしてデザイン調整を行い、服を完成させる。自分でブランドを立ち上げ、コレクションという新作発表会を行う人もいる。専門店、デパートなどに勤め、顧客のために、オーダーメイドの洋服をデザインする人もいる。

この職種になるには

ファッション系や家政系の大学・短大・専門学校の服装科、ファッションデザイン科などで、洋服作りのテクニックを身につける。
専門学校のカリキュラムの例だが、アパレルデザイン、色彩論、ファッションデザイン画、染色演習、デッサン、素材論、グラフィックワークなどを学ぶ。
特に、ファッションデザイン画は、パターンを意識し、服の構造を把握する表現で、特殊な技法だ。オリジナリティ、クリエイションを指導される。専門学校の中には、学園祭や、コンクールなど発表の機会があり、業界人も注目する腕試しだ。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.