MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

デザイン・写真・芸術・アニメ分野|この分野の
他の職種を見るデザイン・写真・芸術・アニメ分野 〈グラフィックデザイナー〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

グラフィックデザイナー

職業を探すTOPに戻る

おもに紙媒体や広告などのデザインで活躍

どんな仕事?

グラフィックデザイナーの仕事は、ポスター、パンフレット、カタログ、パッケージ、ロゴデザイン、雑誌、書籍などのデザインを手がけ、活躍分野は広告・出版・印刷にわたる。雑誌やパンフレットなどページもののデザインはエディトリアルともいう。
写真、イラスト、文字を配置する構成力、色彩感覚が求められる。もちろん個性や感性も大切だが、視覚的に「伝える力」があることがもっとも大切である。また、ウェブなどで、写真や文字、イラストをデザイン処理する場合もグラフィックデザインに含めるなど、表現方法は広がっている。

この職種になるには

大学・短大・専門学校のグラフィックデザイン学科に進み、デザインの基礎を身につけ、アイデアスケッチ~プレゼン~制作まで、仕事の流れを体験する。いまはパソコンでのデザインが主流なので、マッキントッシュ、Illustrator、Photoshop などの操作に慣れたり、文字組みに必要なDTP技術などを身につける。日頃から作品づくりを行い、「ポートフォリオ」(作品集)を準備しておくと、就職活動時に役立つ。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.