MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

放送・音楽・舞台・編集・マスコミ分野|この分野の
他の職種を見る放送・音楽・舞台・編集・マスコミ分野 〈番組制作ディレクター〉〈映像・音響技術者〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

映像・音響技術者

職業を探すTOPに戻る

収録、編集、MAまでの映像コンテンツを制作

どんな仕事?

映画やTV番組などの制作は、撮影前の準備作業をする「プリプロダクション」、撮影後の仕上げをする「ポストプロダクション」などがある。後者には、映像の編集やCG制作、VFX(視覚効果)、そして、音楽・効果音・ナレーションを加えるMA(音声処理)などがある。
コンピュータが制作の主役となり、音と映像が一体化して扱われる今、「音に詳しい映像技術者」「映像に詳しい音響技術者」が求められている。

この職種になるには

資格がなくても、映像・音響の仕事に就くことはできるが、映像・音響系の学科で、一連の制作技術を身につけ、関連資格を取得しておくことが近道。特に映像制作における編集・MA作業は、パソコンや専用機器によるデジタルが主流のため、専門知識や基礎技術をマスターしておく必要がある。業界の技術の進歩に対応した、整備が整った専門学校などで学ぶことが望ましい。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.