MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

放送・音楽・舞台・編集・マスコミ分野|この分野の
他の職種を見る放送・音楽・舞台・編集・マスコミ分野 〈番組制作ディレクター〉〈映像・音響技術者〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

番組制作ディレクター

職業を探すTOPに戻る

スタッフを指揮しておもしろい番組を作る

どんな仕事?

番組制作ディレクターは、プロデューサーの用意した企画を具体的なテレビ番組にするのが仕事。ドラマであれば、脚本を読み込み、構想を練る。現場で、技術スタッフを指揮し、出演者に演技指導して制作する。情報番組であれば、何人かのディレクターがいて、それぞれがスタッフを指揮して現場から取材してきた映像を、チーフディレクターがまとめ、キャスターや解説者がつないでいく。バラエティであれば、ふだんから考えていたアイデアを盛り込みながら、放送作家の台本にしたがって、タレントの信頼を得ながら収録を進める。

この職種になるには

大学で幅広い教養を身につけ、テレビ局に入社するか、映像系や音響芸術系の大学や専門学校で番組制作技術を学び、テレビ番組制作会社などに入社する。ちなみに、専門学校では、映画制作実習、スタジオワーク演習などの科目を履修する。入社後、下積みのAD(アシスタントディレクター)時代があり、その後ディレクターに昇進する。AD はディレクターと相談し、食事などの準備、ロケ場所、撮影時間など細かに段取りする。衣装をそろえメイクの手配も行う。撮影小物の準備からロケバスの運転まで、さまざまな作業を行う。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.