MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

ホテル・旅行・観光・語学・エアライン分野|この分野の
他の職種を見るホテル・旅行・観光・語学・エアライン分野 〈旅行業務取扱管理者〉〈ツアーコンダクター〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

ツアーコンダクター(旅程管理主任者)

職業を探すTOPに戻る

団体旅行に同行して、安全で快適な旅を演出する

どんな仕事?

旅行会社などが主催する団体旅行やパッケージツアーに同行し、安全で快適な旅になるようにサポートするのがツアーコンダクターの仕事。業務は、出発前の予約確認、交通機関やホテル等の手続き、旅行中の観光案内から、病気やトラブルのフォローまで、多岐にわたる。
旅行会社が企画する旅行には、「旅程管理主任者」の資格をもつ主任添乗員の同行が義務づけられており、ツアーコンダクターになりたいなら資格の取得は必須といえる。資格には、国内旅行のみに添乗可能な国内旅程管理主任者と、国内と海外の両方の添乗が可能な総合旅程管理主任者がある。なお、ツアーコンダクターは通称で、添乗員、ツアーディレクター、ツアーマネージャーなど、旅行会社によって呼び方は異なる。

国内あるいは海外のあらゆる場所に出かけるため、旅行が好きであることがツアーコンダクターになるための第一条件。語学力、世界や日本の歴史、地理についての勉強も欠かせない。また、かゆいところに手が届くような細やかな気配りができ、旅行客とのコミュニケーションを楽しめることも大切。さらに、旅先では何が起こるかわからないので、どんなトラブルにも冷静かつ迅速に対処できる能力も必要である。

この職種になるには

旅程管理主任者の資格を得るには、観光庁長官の登録を受けた研修機関(日本添乗サービス協会、日本旅行業協会、全国旅行業協会など)が実施する「基礎添乗業務研修」(旅行業従業員は免除)、および「旅程管理研修」を修了(合格)し、所定の実務経験を満たす必要がある。基礎添乗業務研修では、添乗サービスの基本、添乗の仕事の役割や仕組みなどを学び、旅程管理研修では添乗員として理解しておかなければいけない旅行業法や約款、添乗実務に必要な基本
的知識を習得する。大学・短大・専門学校の旅行・観光系学科に進学して、基礎添乗業務研修、旅程管理研修を修了し、添乗実務経験を積んで、在学中に資格を取得する人も多い。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.