MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

登録販売者

職業を探すTOPに戻る

薬剤師でなくても一般医薬品が売れる

どんな仕事?

一般医薬品の購入者に、効き目やリスクについて情報を提供したり、相談に応じたりすることができる。一般医薬品は、第1類(リスクが高いもの)、第2類(リスクが比較的高いもの)、第3類(リスクが比較的低いもの)があり、ドラッグストア、スーパー、コンビニにおいて、登録販売者がいれば、第2、3類を販売できる。

この職種になるには

登録販売者試験を受験する。合格率は40.9%(2012年度東京都)。試験科目は薬事や医薬品のことなど。受験資格は、大学の薬学部卒業者、職種により1~4年、医薬品の販売に従事した者など。高卒後1年間の販売実習を授業に組み込み、受験資格を得る専門学校もある。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.