MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

宅地建物取引主任者

職業を探すTOPに戻る

不動産取扱いのプロフェッショナル

どんな仕事?

法律では、宅地建物取引業者は、事務所ごとに従業者5人に1人、宅地建物取引主任者を置かなければならないと定めている。土地や建物を買ったが、欠陥を抱えていた、賃貸借についてトラブルになった、ということがある。そこで消費者保護の立場から、宅地建物の売買や交換、賃貸(の代理や媒介)を行うのが宅建主任者である。

この職種になるには

宅地建物取引主任者試験を受験する。約20万人が受験する日本最大のマンモス試験で、合格率は約16.7%(2012年度)と難関。大学、専門学校の法律科で試験分野を学ぶとよい。試験合格後、実務講習を修了し資格を取得する。その後、宅地建物取引業者で活躍する。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.