MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

司法書士

職業を探すTOPに戻る

登記のプロ、そして身近な法律家

どんな仕事?

家を買う、土地を売る、会社を起こすときは、裁判所や法務局に提出する登記手続きが必要だ。これは素人には難しいので、司法書士が代行するのが一般的。また、多重債務者の借金整理、払いすぎ利息の返還、判断能力の衰えた高齢者の「成年後見」のサポートでも活躍中。少額訴訟では原告代理人として法廷にも立つ。

この職種になるには

司法書士試験を受験する。合格率は3.5%(2012年度)と難関。受験資格は特にないが、試験科目は民法と商法が中心であり、大学の法学部、専門学校の法律科で試験分野を勉強するとよい。試験合格後は、司法書士事務所に勤務して経験を積み、やがて独立する。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.