MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

消防官

職業を探すTOPに戻る

火災をメインに災害、事故現場で活躍

どんな仕事?

東京消防庁、全国の消防本部に勤務する地方公務員。火災、災害、地震による被害をくいとめたり、災害や事故現場で人命救助を行う。119番にかかる救急要請も多い。24時間体制のため勤務は当番・非番を繰り返す。東日本大震災では、東京消防庁から救急消防援助隊、はしご車、大型化学車などが派遣された。

この職種になるには

消防官・消防職員採用試験に合格する。東京消防庁の場合、年齢により専門系、Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類に分かれる。試験は教養、論文、適性検査、身体・体力検査、面接。競争率は18.6倍(2012年度)とかなり難関。受験対策のある大学・短大・専門学校で試験分野を勉強するとよい。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.