MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

警察官

職業を探すTOPに戻る

予測できない犯罪に目を光らせる

どんな仕事?

犯罪の予防・捜査・犯人逮捕や社会公共の秩序維持にあたる地方公務員。24時間体制の職務遂行のため、交代制、当直制による夜間勤務もある。署内勤務と地域勤務とがあり、署内は刑事課、生活安全課、パトカー・白バイで活躍する交通課、テロ対策などにあたる警備課などで、地域では交番、駐在所などで職務にあたる。

この職種になるには

警視庁警察官、道府県警察官の採用試験に合格する。警視庁警察官競争率は男性11.1倍、女性9.7倍(2012年度)と難関。年齢・学歴によって大卒程度、短大卒程度、高卒程度に分かれる。受験対策のある大学・短大・専門学校に進むとよい。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.