MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

国家公務員

職業を探すTOPに戻る

省庁職員、専門職員として 行政を担う

どんな仕事?

国家公務員というと、すぐ思い浮かぶのが、霞ヶ関の各省庁やその出先機関で働いている一般行政官だろう。仕事は、各産業の監督・育成、治山治水、道路・空港・港湾の整備、環境、エネルギーから、教育、医療・福祉、外交などにわたり、予算と人を使って、政策を実行し、国の経済や国民生活の暮らしを守るのが仕事だ。
ほかに外務省専門職員、税務職員、皇宮護衛官、刑務官、海上保安官、航空管制官などの専門職員、さらに自衛官、司法官、独立行政法人や国立病院・研究所の職員なども含めると、総勢64万人以上になる。

この職種になるには

霞ヶ関の省庁職員をめざすには、国家公務員採用試験の“狭き門”を突破しなければならない。採用試験には、総合職試験(院卒者・大卒程度)と一般職試験(大卒程度・高卒程度)、外務省専門職員、国税専門官、税務職員、皇宮護衛官、刑務官、海上保安官、航空管制官などをめざす専門職試験がある。
国家公務員採用試験に合格するには、試験対策講座が置かれている大学や短大、公務員や法律行政系の学科・コースがある専門学校で勉強するとよい。

高校卒業後の進路は…
大学院進学
大学進学
短大進学
専門学校

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.