MENU

兵庫県進路選択支援機構について兵庫県進路選択支援機構について

  • 機構の概要

  • ご挨拶

法人設立目的

兵庫県進路選択支援機構は、将来に夢や目標を持ち、その実現に日々努力する子どもたち、なかでも多感な成長期にあって教育環境の変化が著しい「中学生」を主な対象に、彼らの進路選択が適切、的確に行われるよう、以下に掲げる7つの事業(「ひょうご夢実現プロジェクト」と総称)を通じて、積極的に支援してまいります。

事業内容

Ⅰ「進路に関する教育フォーラム」の展開
趣旨
  1. 子どもたちが持つ将来の夢、自らの生き方などを共に考える機会を提供します。
  2. 中学生の進路に関する情報を、中学生・保護者及び教育関係者等が共有します。
  3. 地元高校生の部活動等を紹介し、高校生活への興味と関心を高めます。
参加対象

中学生・小学校高学年、保護者、教育関係者等

開催日程および内容

① 第1回「全県教育フォーラム」

  • 日 時 平成30年10月27日(土)13:30~16:00
  • 会 場 明石市内(定員150名)
  • 基調講演 「2020年度からの教育改革を見据えて」(仮題)
    講 師  神戸新聞論説委員
  • パネルディスカッション
  • ② 第2回「教育フォーラム」

  • 日 時 平成30年12月1日(土)13:30~15:30
  • 会 場 兵庫県立美術館(定員120名)
  • 講 演「極寒の世界に挑戦」 (仮題)
    講 師 元南極観測隊員
  • 夢のステージ 地元高校生による部活動紹介
  • ③ 第3回「教育フォーラム」

  • 日 時 平成31年2月9日(土)13:30~15:30
  • 会 場 姫路市内(定員120名)
  • 講 演 「深海への挑戦」(仮題)
    講 師  国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)研究開発員
  • 夢のステージ 地元高校生による部活動紹介
  • 後援

    兵庫県教育委員会・神戸市教育委員会・開催地域市町教委、兵庫県PTA協議会、神戸市PTA協議会、
    神戸新聞社 他(申請予定)

    Ⅱ「進路への学びの会(ひょうごの高校等説明会)」の開催
    趣旨
    1. 中学生と保護者が、高校等から特色や部活動の状況などについて直接説明を受ける機会と場を設け、中学生の進路選択を積極的に支援します。
    2. 中学生や保護者が参加しやすいよう、実施会場・実施時期及び開催時間等に配慮し、一部会場に「進路相談コーナー」を設置するなど内容の充実に努め、質の高い「ひょうごの高校等説明会」をめざします。
    主催

    (一財)兵庫県進路選択支援機構、(一財)総合教育研究財団

    後援

    兵庫県PTA協議会、神戸市PTA協議会、神戸新聞社 他(申請予定)

    実施・運営

    「進路への学びの会」実行委員会

    参加校

    高等学校、高等専門学校

    参加対象

    中学生、保護者、教育関係者等

    実施日程・会場等(予定)
    地区 日程 開催時間 会場
    神戸
    淡路
    6月30日(土) 15:30~20:30 甲南大学 神戸市
    東灘区
    7月 7日(土) 15:30~20:30 神戸市外国語大学 神戸市
    西区
    阪神
    丹波
    6月17日(日) 13:30~16:00 三田市まちづくり協働センター 三田市
    6月24日(日) 15:00~17:30 大手前大学 さくら夙川キャンパス 西宮市
    播磨東 6月10日(日) 14:00~16:00 うるおい交流館エクラ 小野市
    6月30日(土) 15:30~20:30 明石市民会館 明石市

    7月7日(土)

    15:30~20:30 加古川商工会議所 他 加古川市
    播磨西 6月30日(土) 15:30~20:30 姫路商工会議所 姫路市
    但馬 6月9日(土) 14:00~16:00 日高農村環境コミュニティセンター 豊岡市
    実施方法

    希望する高校・高専(3校まで)から直接説明(1校30分)を受ける。

    Ⅲ 「兵庫統一模試」の実施
    趣旨
    1. 中学生に対し、履修分野の学習到達度及び今後の学習課題を提示します。
    2. 学力面における各教科の目標達成状況を提示するとともに、志望校への合否可能性を示します。
    3. 中学生と保護者、教育関係者の情報共有に努めます。
    内容

    5教科(国語、数学、社会、理科、英語)の学力試験

    特長
    1. 兵庫県公立高校入試に準拠した出題。県下最大規模・約1万名が受験(9月・11月)
    2. 公立高校入試問題に精通した各教科の専門家が監修。
    3. 志望する公立・私立高校の合格可能性(複数志願も対応)を提示。
    受験者に返却される資料
    1. 個人別学力到達度分析表(教科別)
    2. 志望校別合格可能性の判定他
    3. 得点分布表(教科別、5教科合計、総合判定点)※ネット配信
    4. 高校別得点分布表(5教科合計点、総合判定点)※ネット配信
    実施日・場所
    対象学年 日程 実施場所
    中学3年生 平成30年4月8日(日) 大学・商工会議所など県下12~13ヶ所
    及び学習塾
    平成30年6月3日(日)
    平成30年9月2日(日)
    平成30年11月4日(日)

    〈注〉① 9月・11月については、「兵庫模試」と共通問題で実施します。
       ② 11月は、公立高校入試と同じスケジュール(開始時間、試験時間、休憩、終了時間)で実施し、
         入試本番を臨場体験できる"プレ入試”に位置づけます。

    受験料及び割引制度

    1人 3,600円(税込)
    ただし、複数回受験者は、2回目以降 200円を割引き、3,400円(税込)となります。

    Ⅳ 「学習到達度テスト」の実施
    趣旨
    1. 各中学校が「実力テスト」として課業中に行えるテストとします。
    2. 成績を分析し、学習到達度の把握と今後の学習課題を提示します。
    内容

    5教科 (国・数・社・理・英)の各50分の学力試験

    対象学年、実施時期

    中学3年生 平成30年10月22日(月)~10月31日(水)の間

    テスト後に提供する資料
    1. (ア) 個人別学力到達度分析表(教科別)
    2. (イ) 得点分布表(教科別、5教科合計点)
    3. (ウ) 教科別・小問別正答率
    受験料

    1人 1,000円(税込)

    Ⅴ 「ひょうご進路選択ナビ」による情報提供・支援
    趣旨
    1. 中学生の個々人に適した進路選択のために必要な情報を提供します。
    2. 希望する職業に必要な技能や資格を身につけるための学校情報を提供します。
    特長
    1. インターネットを通じ、最新の受験情報・教育情報を随時トップ画面に表示します。
    2. 公立高等学校には、自校の特色をPRするための、ID・パスワ-ドを発行し、各高等学校独自の情報が発信されています。
    3. 将来の希望職種を見つけ、それに見合う高校選びが出来るページを掲載します。
    Ⅵ 「中学生のための進路相談室」の設置
    趣旨

    平成30年度から新たに、中学生とその保護者のための「進路相談室」を開設し、中学生の「行きたい学校」選び、「学びたいことが学べる学校」選びを支援します。

    相談体制
    1. 相談には、中学・高校で進路指導を担当した元教員等が当たります。
    2. 相談は、原則として来所による直接面談で行い、緊急又は軽易な事案等については、電話相談で対応します。
    3. 相談日、時間は、平日の火曜日及び水曜日、10時から15時の間に行います。
    相談内容等
    1. 「高校入試の選抜方法」「特色ある学科やコース」「入試日程、受験倍率、授業料」「部活動の状況」など、高校進学についての多様な案件
    2. 県外からの高校受験・県外高校からの転編入学について
    3. 相談の内容によっては、 専門の相談機関を紹介します。
    相談対象外事項

    個々人の成績判定や評価、具体的進学先等については、当相談室では相談の対象にいたしません。

    Ⅶ 「調査研究事業」の実施
    趣旨

    中学校及び家庭における子どもの進路選択に関する現状と課題について、アンケート調査等を基に調査研究を行い、中学生の進路選択支援に役立てます。

    テーマ(予定)

    「中学生の進路指導のあり方を探る~中学生・保護者の進路に関する意識調査を中心に~」

    法人概要

    名称 一般財団法人 兵庫県進路選択支援機構
    所在地 〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目5番7号 神戸情報文化ビル
    設立年月日 平成25年7月25日
    URL http://www.sinro.or.jp
    電話番号 078-341-4640(FAX:078-341-4146)
    理事長 栗原 髙志 元兵庫県教育長
    理事 生田 和夫 元神戸市教育委員会指導部指導部長
    宇佐見 裕子 元芦屋市精道中学校育友会長
    面出 輝幸 株式会社 神戸新聞社取締役兼地域事業本部長
    近藤 靖宏 元兵庫県教育次長
    福住 一彦 株式会社 学研塾ホールディングス代表取締役
    監事 大西 美喜男 公認会計士 監査法人トラスト代表社員
    辻 重五郎 前丹波市長
    評議員 大橋  博 公益財団法人 こども教育支援財団理事長
    尾野 俊二 株式会社 みなと銀行特別顧問
    梶田 叡一 桃山学院教育大学学長
    齋藤 富雄 元兵庫県副知事
    佐藤 由紀子 元伊丹市教育長
    高士 薫 株式会社 神戸新聞社代表取締役社長
    蓑 豊 兵庫県立美術館館長

    (50音順)

    子どもたちは、未来に向かって大きな夢や目標をもち、その実現のため日々努力、挑戦を重ねています。
    私たち財団法人は、高校通学区域の改編等環境の変化が著しい中学生を主な対象に、子どもたちの夢や目標の実現を応援しようという有志が相寄り、一般財団法人兵庫県進路選択支援機構を立ち上げました。
    設立から5年が経過しますが、年々当財団法人とその事業に対してご理解、ご協力の輪が広がってきたことに深く感謝いたします。

    特に、「進路への学びの会(ひょうごの高校等説明会)」は、昨年度128校の高校・高専の参加と延1万7千余名の来場者(中学生、保護者)があり、大変ご好評をいただきました。
    また「兵庫統一模試」は、9月模試の受験者が約1万名を数え、県内最大規模の模試として、精度の高い成績分析とデータ提供が可能になりました。
    平成30年度においても、これら諸事業のさらなる改善・充実に努め、幅広い普及・浸透と参加者の拡大に積極的に取り組んで行きたいと考えております。

    次代を担う子どもたち、その心身ともに健やかな成長は、未来を拓く原動力です。教育に携わる者、保護者、関係機関が、立場を越え、思いを一つにして、子どもたちの進路選択支援のために連携、協力していくことが何より求められています。
    微力ではありますが、私たちの“ひょうご夢実現プロジェクト”が、その一翼を担い、お役に立てることを願っています。

    全県教育フォーラム2018

    中学校や塾の先生方へ

    兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

    進路選択支援の各種事業を見る
    ページの先頭へ
    ページの先頭へ戻る
    ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.