MENU

兵庫県進路選択支援機構について兵庫県進路選択支援機構について

  • 機構の概要

  • ご挨拶

法人設立目的

兵庫県進路選択支援機構は、未来への夢や目標に向かって日々努力する子どもたち、中でも心身の成長期にあり教育環境の変化が著しい「中学生」を主な対象に、その進路選択がより適切、的確に行われるよう、以下に掲げる6つの事業(「ひょうご夢実現プロジェクト」と総称)を積極的に推進してまいります。

事業内容

Ⅰ「進路への学びの会(ひょうごの高校等説明会 at Web!)」の開催
趣旨
  1. 当財団法人HPの「ひょうご進路選択ナビ」を活用し、標記事業をオンラインにより実施します。
  2. 各高校が独自の動画や情報を作成・発信し、中学生の進路選択を支援します。
主催等

主催:(一財)兵庫県進路選択支援機構、(一財)総合教育研究財団
後援:兵庫県PTA協議会、神戸市PTA協議会、神戸新聞社 他

実施主体

「進路への学びの会」実行委員会

名称

「ひょうごの高校説明会 at Web!」

公開日

令和3年6月(予定)

掲載内容
区分 掲載項目 具体的な内容
1 基本情報 住所・所在地など
2 学科・コース 学科・コース名や定員など
3 動画(学校紹介Movie) 学校紹介、応援メッセージなど
4 ニュース 最新のトピックスなど
5 文化祭・体験入学・説明会情報 日程や内容など
6 学校の特色・教育目標 学校のキャッチコピーや理念など
7 進路指導・実績 進路指導における特徴など
8 部活動紹介 特長ある部活動や主な成績など
Ⅱ「兵庫統一模試」の実施 
趣旨
  1. 中学3年生に対し、履修分野の学習到達度及び今後の学習課題を提示します。
  2. 学力面における各科目の分野別・領域別正答状況を示し、志望校への合格可能性を判定します。
  3. 中学生と保護者、教育関係者との情報共有に努めます。
内容

5教科(国語、数学、社会、理科、英語)の学力試験

対象

中学3年生

実施形態

新型コロナ感染防止のため、自宅受験とします。

実施回数・時期

年5回(4月・6月・8月・11月・1月)

第1回 3/31(水) ~ 4/4(日)
第2回 6/2 (水) ~  6/6(日)
第3回 8/25(水) ~ 8/29(日)
第4回 11/3(水) ~ 11/7(日)
第5回 1/5 (水) ~  1/9(日)

〈注〉自宅受験のため、試験期間は各5日間とします。

受験料

1人 3,850円(税込)

県内模試事業者との連携

(株)晶学社が運営する「兵庫模試」と、共通問題による模試を年4回実施し、受験者数の拡大と分析結果の精度向上を図ります。(4月・6月・8月・11月)

Ⅲ 「兵庫統一模試(3教科・記述式)」の実施
-公立高校推薦入試・私学受験等に対応-
趣旨
  1. 公立高校の特色ある専門学科及び全日制普通科単位制課程等で実施されている推薦入試の適性検査に対応するとともに、私学受験等の参考にもなる県下唯一の模試として実施します。
  2. 過去2年の試行実施の結果等を踏まえ、問題の難易度、問題数等の適正化を図ります。
試験科目等
  1. 3教科(国、数、英)の学力試験
  2. 記述問題を1教科当たり2~3問程度とり入れます。
受験対象者

公立高校の特色ある専門学科 及び全日制普通科単位制課程等を志望する中学3年生、並びに私学受験希望者

実施形態

新型コロナ感染防止のため、自宅受験とします。

実施日

10/6(水)~10/10(日)

採点、結果の返却

受験者へは、3教科の採点(素点)結果、及び志望高校内及び受験者全員内の順位を提供します。(志望校の合格可能性の判定は行わない)

受験料

1人 3,300円(税込)

〈推薦入試対象校等〉

ア 全日制普通科単位制課程 8校

イ 特色ある専門学科 理数系 11校、国際系 7校

ウ 普通科自然科学系・国際文科系コース
自然科学系 11校、 国際文科系 5校
総合人間系 4校  健康福祉系 1校 〈小計 47校〉

エ 私立高校等

Ⅳ 「ひょうご進路選択ナビ」による情報提供・支援
趣旨
  1. 中学生の個々人に適した進路選択のために必要な情報を提供します。
  2. 希望する職業に必要な技能や資格を身につけるための学校情報を提供します。
Ⅴ 「中学生のための進路相談室」の開設・運営
趣旨

中学生・保護者のための「進路相談室」を事務局内に設置し、中学生の「行きたい学校」選び、「学びたいことが学べる学校」選びを一層支援します。

事業内容
  1. 相談体制

    ・相談者:中学・高校で進路指導を担当した元教員等
    ・相談方法:直接面談又は電話により対応
    ・相談日・相談時間:原則として平日の火曜日及び木曜日、10時から15時
    ・相談場所:当財団法人事務局

  2. 相談内容

    ・「高校入試の選抜方法」「特色ある学科やコース」「入試日程、受験倍率、授業料」
    「部活動の状況」など、高校進学についての多様な案件
    ・県外からの高校受験・県外高校からの転編入学について
    ・相談の内容によっては、 専門の相談機関を紹介

Ⅵ 調査研究事業の実施
趣旨
  1. 「兵庫統一模試」の過去問題(令和2年度/後半3回分)及び受験結果資料等をまとめ、中学3年生の自宅学習の支援を行います。
実施方法(予定)
  1. 掲載年度/月
    令和2年度 11月・12月・1月 実施分
  2. 科目 全教科(5教科)
  3. 内容
    ・問題、解答用紙、解答・解説
  4. 時期 2021年7月中旬(予定)
  5. 価格等 未定

法人概要

名称 一般財団法人 兵庫県進路選択支援機構
所在地 〒650-0011 兵庫県神戸市下山手通4-2-7 6F
設立年月日 平成25年7月25日
URL http://www.sinro.or.jp
電話番号 078-321-4640(FAX:078-321-4146)
理事長 栗原 髙志 元兵庫県教育長
理事 生田 和夫 元神戸市教育委員会指導部指導部長
宇佐見 裕子 元芦屋市精道中学校育友会長
太田 貞夫 (株) 神戸新聞社顧問
近藤 靖宏 元兵庫県教育次長
福住 一彦 (株) 学研ホールディングス取締役
監事 大西 美喜男 公認会計士 監査法人トラスト代表社員
中杉 隆夫 IPU環太平洋大学 客員教授
評議員 大橋  博 公益財団法人 こども教育支援財団理事長
尾野 俊二 (株) みなと銀行特別顧問
梶田 叡一 桃山学院教育大学学長
齋藤 富雄 元兵庫県副知事
佐藤 由紀子 元伊丹市教育長
高士 薫 (株) 神戸新聞社代表取締役会長
蓑 豊 兵庫県立美術館館長

(50音順)

子どもたちは、未来への夢や希望に向かって日々努力、挑戦を続けています。

私たち財団法人は設立から6年、心身の成長期にあり、教育環境の変化が著しい“中学生”を主な対象とし、彼らの進路選択がより的確、適切に行なわれることを願い、多様な進路選択支援事業を用意し、推進しています。

主な事業のうち、「進路への学びの会(ひょうごの高校等説明会)」は、例年130余の高校・高専の参加と延1万7千余名の来場者(中学生、保護者)があり、進学先の選択に大変参考になったと評価をいただいています。

「兵庫統一模試」は、公立高校入試に準拠した出題が特長で、受験者が約1万名を数えることもあり、精度の高い分析とより正確なデータが提示されます。

これらの成果をもとに、本年度から“公立推薦入試”等に対応できる新「兵庫統一模試(記述式問題を含む)」を試行することにしました。

今後とも、各事業のさらなる充実・改善に努め、子どもたちの進路選択に些かでも貢献していきたいと考えています。

次代を担う子どもたち、その心身ともの健やかな成長は、未来を切り拓く原動力と信じています。教育に携わる者、保護者、関係機関が、立場を越え、力を合わせて、子どもたちの進路選択支援のために連携、協力していくことが必要と考えます。

私たちの“ひょうご夢実現プロジェクト”が、その一翼を担い、お役に立てることを願っています。

LINE お友達募集!

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.