MENU

活動報告 夢支援広場活動報告 夢支援広場

2015/02/07

一覧に戻る

2014第3回教育フォーラム「宇宙へ!夢と感動をのせて」

2014第3回教育フォーラム「宇宙へ!夢と感動をのせて」を平成27年2月7日(土)姫路じばさんびるにて実施し、小・中学生及び保護者213名が参加しました。





まずは、夢の一歩を踏み出して頑張っている高校生の「夢のステージ」からスタートしました。

 

姫路市立姫路高等学校吹奏楽部と兵庫県立姫路南高等学校コーラス部の生徒の皆さんによる素晴らしい演奏と合唱・独唱に、会場は感動に包まれました。

 

会場の外では、兵庫県立香寺高等学校美術工芸部の作品が展示されており、来場者は作品に見入っていました。



続いて、JAXA宇宙開発研究所の岩田直子さんより「宇宙へ!夢と感動をのせて」の講演をいただきました。

 

岩田さんから、JAXAで仕事の紹介があり、入社1、2年目に経験されたロケットの打ち上げや燃料試験の現場についての話がありました。その時の失敗談を例にして、「何が原因で失敗したのかを追求して、その原因を明らかにすることが次の成功につながる」とのお話がありました。

 



その後はX線天文衛星ASTORO-Hやヒートパイプの研究についてのお話がありました。宇宙の温度が、太陽があたるところは180度から200度、当たらないところはマイナス100度以下になり、空気も重力もない宇宙の環境に耐えうる衛星の開発について図を使いながら教えていただきました。

 

岩田さんは「もちろん経験や専門知識は必要ですが、今、みなさんが学校でやっている理科とか数学は、正しい判断を論理的に物理的に下せるようになるための考え方を身につけるために非常に大事です。」と話されていました。



 

最後に、岩田さんはJAXAに入社した今でもいくつもの夢を持っており、その中に宇宙飛行士になりたいという夢があるとの事でした。この夢は小学生の頃から持ち続けており、中学の時に先生にかけられた「願い続けて実現するように努力し続ければ、必ず夢は叶う。」という言葉に励まされたそうです。



「好きなことや、やりたい事が見つかったら、どんなに難しそうなことでも諦めないで欲しい。辛いことがあっても自分の夢が自分を支えてくれるのではないかと思う」と来場者にエールを送っていました。来場者からも「私も夢を諦めずに頑張りたい。」などの感想が多く聞こえ、夢あふれる教育フォーラムになりました。

 

一覧に戻る

LINE お友達募集!

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.